カテゴリ:日記( 12 )

お邪魔してきました。

                <お邪魔してきました。>
   16日の土曜日は、長女モカ太郎の歯医者さんの検診でした。
        歯医者さんは、新発田なので予約時間の前に、
                 「街のseats」さんへ。

 私好みのお店へは、なかなかお付き合い願えない次女ホノ次郎ですが、
  seatsさんのキッズスペースはお気に入りらしく付き合ってくれます。

    seatsさんが厳選したものたちは、持ち帰ったその日から、
          自然と自分の生活に馴染んでくれます。
         まるで、前からそこの居てくれたみたいに。

  そんな、素敵な店主さんでもあり、お母さんでもあるseatsさんに
        選ばれた本や絵本を見に行ってきたのです。
       
       人の本棚って、ちょっと気になったりしませんか?
        自分を知らない世界に誘ってもらったような・・・。

             久しぶりに私も本を選びました。
 娘たちも、それぞれに、今の自分を私に教えてくれるような絵本を
                 手に取りました。

          ホノ次郎が選んだ1冊は「こんもりくん」。
               彼女らしい笑えるお話。
  よほど、面白かったのか家に帰ってから4回も読まされました。

    モカ太郎が選んだのは「いいこって どんなこ?」です。
 これを選んだ時は、お話よりも絵に魅かれて選んだようでしたが、
 読んでみると彼女が感じている事なのかもしれないなというお話。

          ちょっと、お母さんはドキッとしました。
     取り戻せなくなる前に救ってくれた気持ちにもなりました。

               大切にしたい時間です。

          そして、こんな本もあったら良いのにと、
         「いいおかあさんて、どんなおかあさん?」。

    皆さまも、seatsさんの「あったかい部屋」を覗いてみて下さい。
      きっと、お家に帰った時、そこは「あったかい部屋」に。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2013-02-17 21:44 | 日記

日記

                <風邪っぴき>
本日は急なお休みを頂いてしまい、申し訳ありませんでした。先週より、
娘二人が、怪しげな咳をしたりや鼻水をたらしており、用心しておりまし
たが、ほの次郎が金曜日の夜に発熱(ガビ~ン!!)、土曜日はラッキー
な事に夫の仕事がお休みだったので、小児科へ。ついでにもか太郎も
連れて行ってもらいました。そのまま、連休は家族みんなで巣穴へ、
こもり風邪を治す事に専念しておりましたが・・・悲しいかな・・・熱が
上がったり下がったりが続いておりました。(今のところ、安定してますが
・・・明朝はどうかなぁ・・・)昨日も、まだ、熱のあるほの次郎と咳が止まら
ない様子のもか太郎・・・夫は夜勤だったので昼間は子守りをお願いし、
私は店の仕込みに・・・・ところが、その夜、帰宅すると夫も高熱が。。。
今回は<風邪のやつめ>夫の方へ行ったようですが、子供たちが風邪を
ひくと必ずと言っていいほど、どちらかが次の餌食になる私たち。よく聞く話
ですが、子供からもらう風邪がどこか進化しちゃったような重さです(汗)。

そんな事を感じるよになったのは、子供を持ってからですが。。。
もちのろんで、私自身の加齢のせいもありますが出産後に、がた~んと
抵抗力と免疫力が落ちました。もか太郎を産んで、しばらくした頃に風邪を
ひき、何十年ぶりに発熱した時には、本当にまいりました。

これから、またグッと寒くなりますし乾燥も怖いですね。今年は咳が出る
風邪も流行っているようですし。私は、餌食になるまいと手洗いにうがい、
うがいにはイソジンを使ってみたり、食事にはねぎやしょうが、にんにくも
たくさん使ってみたり、なんとかブロックしようともがいてます。

       あとは<気合>というとこでしょうか・・・?

ニュースやママ同士の会話でも、インフルエンザに〇〇ウィルスや風邪の
病名も今や長~い横文字の立派な名前だったり、抗生物質の効かない風邪
もあるようです。自分が子供だった頃は、みんなただの風邪と思って治して
いたのに・・・母になって、目に見えない敵がものすごい脅威に感じた時が
ありました。そんなこんなしておりましたが、我が家の娘たち去年より、ちょっと、
強くなってきた気がします。先ほど、<気合>と書きましたが、もか太郎も
ほの次郎も<気合>が足りてないなという感じです。もしかして<安心>も
足りてないかも・・・な・・・?

                と感じたのは

今朝、体温を計り、「まだ、熱があるから、保育園お休みだね。」と私が言った
瞬間、娘二人の頬が微妙にゆるんだのを母は見逃さなかったからです。。。

          あれ?今、ちょっと、喜んだよねぇ?

明日の朝は、その<気合>と<安心>が二人のお腹にたまるように、あったかい
はちみつレモンでもこしらえて起こします。あっ、夫にもこしらえますよ!ははっ!


    娘たちは、さて置き、皆さまもどうぞ、ご自愛下さいね。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2011-10-12 22:39 | 日記

5月10日のメニュー

              <メニュー>
ガトーショコラ              ¥260
ベイクドチーズケーキ         ¥280
レアチーズケーキ           ¥290
プリン                   ¥280
オリーブオイルマフィン
    ラズベリー            ¥130
    ブルーベリー          ¥130
    クリームチーズ         ¥160
バナナブレッド              ¥190
塩のパウンドケーキ          ¥170
焼き芋とチーズのケーキ       ¥190
りんごのパウンドケーキ        ¥200

以上、お願い致します。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2011-05-10 06:27 | 日記

匂いの記憶

                   <匂いの記憶>
小っちゃな頃を思い出す匂い、なんだか懐かしい記憶を思い出す匂いがある。

FUKUROYAの周辺には学校が多く、15時を過ぎると小腹をすかせた子供
たちが帰って来る声が聞こえてきます。そんな時分はFUKUROYAから、
バターと砂糖、卵が焼きあがる香りが、お店の隙間から漏れ出ている頃。

重たいランドセルをかづきながらパタパタと走る小学生の足音がピタッと店の
横で止まり「良い~、匂~い!!」と元気な声や「ここのプリン、食べた事ある
よ!」と自慢げに話す声。
信号待ちで、お店の窓におでこをくっつけ、鼻から白い息を出しながらクンク
ンとお菓子の甘い匂いを嗅ぐ中学生。
「あの、ガトーショコラ!!ちょ~ヤバくな~い!!ホールで普通にいけるん
ですけどぉ!!」とショーケースを覗く高校生。

         みんな、甘い香りに誘われている様子です。

そんな子供たちの微笑ましい姿を家へ持ち帰り、夫にモノマネして話しをする
のが最近の楽しみです。たまに女子高生のマネをしつこくしてしまっている自分
に気付き、何らかの末期症状を感じてしまう私ですが・・・(汗)。

そんな子供たちも何年後には、この道をと歩かなくなる時が来ます。子供たちが
大人になった時、もし、また、この道を歩く事があったら、「あっ!?この、匂い・・・。
まだ、あのお菓子屋やってんだぁ・・・。おばちゃん、、年取ったなぁ・・・。」なんて
思い出してくれたらなぁなどと夢を見ながら、私の心の中のうちわがパタパタと休
む事なく動きます。いつまでも。いつまでも。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2011-01-23 00:25 | 日記

1月13日のメニュー

               <メニュー>
ベイクドチーズケーキ         ¥280
レアーズケーキ             ¥290
プリン                   ¥280
バナナブレッド              ¥190
塩のパウンドケーキ           ¥170
ファッジブラウニー           ¥240
りんごのパウンドケーキ        ¥200
焼き芋とチーズのケーキ        ¥190
フィナンシェ                ¥130
ミンスミートのパウンドケーキ     ¥250

以上、お願い致します。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2011-01-13 06:52 | 日記

良い日、旅立ち

            <良い日、旅立ち>
あの暑さが嘘みたいに寒くなりました。温かくて美味しいものが
恋しくて、靴下が履きたくなります。暑い季節より寒い季節の方が
好きだけど、少し淋しい気分を感じるような・・・感じです。
毛布を出したり、子供たちに長袖を着せたり、朝のコーヒーと
ミルクティーをホットに変えたり、「もか太郎は去年のもも引き・・・
履けるだろうかぁ・・・?今ってレギンスって言うよねぇ~」と去年から、
急に大きくなった娘のあったかアイテムを考えたり、そんな事が好き
だったりします。冬眠前の母熊の気分なのです。(この例えは私だけだな)
今週は、お客様、お友達に親戚、保育園の先生が遠い所に引っ越される
というお話を聞くオンパレードでした。結婚、出産を機に単身赴任の
旦那様と暮らす方に旦那さまの新しい事業について行かれる方・・・・。
おぉ!!皆さん女性で結婚と旦那様というキーワードで遠くに旅立たれる
方ばかりです。そして、きっと幸せの待つ所へ向かわれます。

淋しいですが嬉しいです。しばしお別れ前のお菓子を丁寧に大事に
焼こうと思います。そして、これからもいつものようにお菓子を焼いて当たり前
のように、ここに居て待っていたいと思います。
お店に入り口の鈴が「チリチリ~ン♪♪」となり、またニコニコ笑顔に会えるように
待っていたいと思います。

                  「待っている」
      それも、とても大事な仕事だと改めて考えた一週間でした。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2010-09-26 03:33 | 日記

おひさまのおふとん

            <おひさまのおふとん>
なんだか、春を通り越して夏が来てしまったような暑い日が、
続きました。こんな日は布団を干したくなる衝動にかられる私です。
我が家では、干した日の布団を「おひさまふとん」と呼んでいます。
ふかふかで、これから寝るというのに母子でテンションが急上昇↑↑↑。
お布団は、ふかふかだし、ムニョムニョとやわらかく温かい子供たちに
挟まれ眠りにつける幸せはなんとも言えず・・・良かとです。

  しかしながら、がっちりと私は朝まで両サイドを可愛い娘たちに
  固められ寝返りすら打てず、目が覚めると体のあちこちがガチ
  ンゴチンに・・・。そして、月1ペースで首の寝違えを起こしては、
  斜め角度で、朝の目玉焼きを焼くのです。

でも、これから暑くなるとゴロゴロと涼しい場所を求め、転がって行って、
お母さんから離れていくのかなぁ・・・。それはそれで淋しいかも・・・私。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2010-05-06 21:18 | 日記

<晴れて良かった!>

今日は入園式です。そんな訳でお店はお休みを頂いております。
今週の木曜日は早起きして延ばしに延ばしていた入園準備を
やりました。もか太郎は秋から園に入っているので少ないのですが、
これから入る、ほの次郎の山のような名前付けやら名札の縫い付け、
巾着は既製品で許してもらい、でも通園バックはもか太郎の時にも、
作ったので頑張ろうかと・・・。未満児は既製品のバックだと先生との
交換日誌が入らないらしいのです。
それを夏休みの宿題のごとく、一気に終わらせようとする無謀な私。
実は好きだけど裁縫はかなり苦手です。子供服や家のカーテンやらを
作れる奥様にとっても憧れてます!
約1年半前、もか太郎バックをこしらえている時に上糸がおかしいとミシンが
何度もピーピー鳴き、原因が解らずにヒィーヒィー鳴いている私に夫は
「使い方を把握してないのに強引にやってるからだよ!」と厳しく言い、
悔し涙をこらえつつ縫い上げました。
なんとかできたバックは近くで見ると縫い糸がパツンパツンにつっぱって
しまっていたり縫い目はガタガタになっているし、何を考えて作ったのか私は
キルティングを表と裏にも使い出来上がりをもか太郎の肩にかけると
座布団をぶら下げているような風貌に・・・申し訳ない気持ちはありつつ
通園して頂きました。できた後で上糸を一箇所かけ忘れており、
夫の話は聞くべきなのだなぁと反省。今は進級し既製品で通園してますが。
今回もなんとか終わらせる事ができ、入園させれそうです。
2,3日前から体調を崩しているほの次郎が心配ですが、
姉妹二人、改めての本日入園です。なんだか胸がキュンキュンと
してしまっている今朝です。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2010-04-03 07:51 | 日記

ちょいと、新発田へ

お店は土曜日からですが、私は明日から初仕事なので、
その前に、なかなか行けない新発田のお店まで行ってきました。
何時頃から前でしょうか・・・かなり前から「良いなぁ~!」と思っていた
小皿があり、家用にと手にとって見ては、ほの次郎のおてんばぶりを考えて
手を引っ込めていたのですが、ちょっとお店で試食をして頂くのに良いなぁと
思い、先ほど購入!
やっぱり、私の元へやって来る運命だったのね!
(100%思い込みと自分の物欲への言い訳・・・残念ながら今年も顕在)

まだまだ、寒く足元が悪い日が続きます。
そんな中、わざわざ来て下さるお客様にこのビスケットのようなお皿で
かなりささやかなおもてなしがしたいなぁと考えてます。

「まだ、画像ないのかよ!」・・・どこかでそんなお声がする。
[PR]
by atelier-fukuroya | 2010-01-07 15:08 | 日記

目頭が熱~くなる年齢

昨日の土曜日はもか太郎のお遊戯会でした。
勝手ながら(いつも)、営業時間の変更をさせて
頂き有り難うございました。

もか太郎は今年の9月から、保育園へ通っているのですが、
去年、私が出産前の一ヶ月間、一時保育をお願いしたので、
2回目のステージです。
保育園で踊りの練習が始まってから、家でも踊りまくり、
私にも教えてくれ(私もステージに上がれるくらい上達!)
本番も、とってもご機嫌な踊りを披露してくれました。
もちろん、そんな、もか太郎の姿にも感動したのですが、
一番初めに一番小さな赤ちゃんグループのプログラムで
赤ちゃん紹介というのがありました。
ほの次郎と同じくらい(もうすぐ1歳になるくらいでしょうか・・・)
きっと、保育園に入園した頃は生後半年かその前くらいだと
思います。一人一人が先生に名前を呼ばれ紹介されるのです。
イスにお座りして、ステージの前の大勢の大人たちを「なんだろう?」と
いう感じで見ている赤ちゃん達を見ていたら、いろんな思いがあふれ出し
泣きそうになってしまいました。
もっと、若い時でしたら「ちょ~かわいい!」で見ていたと思います。

4年くらい前は想像もつかない事でしたが、私にも子供ができ
感じるものが変わりました。子供達には申し訳ないくらいの成長で
すが、日々大きくたくましくなっていけたらと強く思いました。

と、思った瞬間に隣でおもちゃの取り合いをしている姉妹二人に
「なにをやっとるんじゃ~!」と鬼に変わる、やはり成長のない
母なのでした。ちゃんちゃん・・・こんなオチかよ!
[PR]
by atelier-fukuroya | 2009-12-13 07:30 | 日記